RVでTRIP!

RVでTRIP!

アメリカ横断からの横断。アメリカをキャンピングカーで1周した時の旅行備忘録。

断崖絶壁、蹄の旅。-キャンピングカーでアメリカ1周(横断)旅行-

我が生涯に一片の悔いなし

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014941j:plain

ここにきてあの元気いっぱいだった Mika ちゃんが遂に力尽きてしまいました。
まるでラオウのごとく立派な最後だったように思います。

 

ですが10分ほどですぐ復活しました。笑

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014942j:plain

断崖絶壁、蹄の旅

Pageの町から来た道を戻ること10分程、コロラド川に近づくように右へ折れます。

ここは Grand Canyon と同じくらい楽しみにしていた Horseshoe Bend があるところです。この旅が始まる少し前、テレビ番組「週末のシンデレラ 世界!弾丸トラベラー」で芸人のしずちゃんが行っているのを見てすごい場所だと知り、自分達も行くことに決めたのです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014943j:plain

駐車場からは1kmちょいほど歩かなければなりません。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014944j:plain

上り坂があって結構しんどかった気がします。上り終えて下ると、それは突然現れました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014945j:plain

大地を削ったコロラド川が大きく蛇行し、すごくインパクトのある景色が広がっています。何年かけて今の Horseshoe Bend になったか分かりませんが、凄まじい年月がこれを造り上げた事くらい容易に想像がつきます。

Horseshoe Bend には柵も何も無いので、落ちると一直線に谷底行きです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014947j:plain

分かりにくいですが船やテントが米粒のように小さく、かなり高いということが伺えます。みんな怖くてなかなか崖側までは行けません。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014946j:plain

それでも Toma と Kenta はギリギリまで行きたくなるタイプの人。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014950j:plain

落ちないかと見てるこちらがヒヤヒヤします。
ちょっと慣れた頃にはみんな高さが麻痺し崖側で記念撮影。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014949j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014951j:plain

そろそろ日も落ちて来て、辺りがオレンジ色に染まってきました。
アメリカをまわって思ったのですが、日本みたいにそこら中に山があるわけではないので空がとても広く感じます。なので日が落ちる頃の空は綺麗すぎて毎度感動させられました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014954j:plain

そしてまた来た道を戻らなければならないことに気付き、少し憂鬱に・・

ですが石を積んでみたり、

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014953j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014952j:plain

お喋りしたり、

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014955j:plain

テクテク歩きながら、みんな最後まで Horseshoe Bend を満喫したようです。

ここで記念に Motor Home(キャンピングカー)と。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014956j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014957j:plain

車に戻って来ましたが、まだここが1日の終着地点ではありません。
明日は朝早くから Las Vegas でこの旅のビッグイベントが待っています。

恐怖のデスドライブ

時刻は18時。Grand Canyon へ行く途中得た教訓を糧に、Page でガソリン満タンにします。

給油中もたくさん遊ぶ Kenta と Toma。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014959j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014958j:plain

また夜中の移動が始まります。

この頃はハイビームの存在が完全に頭から抜けていたので、

ずっと「ライト暗い暗い全然見えへんやん」

とボヤきながら一生懸命走っていました。なので目の疲労がハンパない。
それにもまして Vegas までまた遠いこと。大体450kmあります。
僕の心は若干折れそうになりながらも、Motor Home は皆を乗せて走ります。

ここからザイオン国立公園の方へ向かってUS-89を直進。

走り始めてすぐ、Kenta、Mikaちゃん、Ashida は夢の中にいってしまいました。
Toma は助手席でずっと起きていてくれ、他愛も無い話をしたり普段はしないような話をしたり、途中車を止めて星を見てみたりと、アメリカ旅行ならではの時間を過ごしました。アメリカの夜のドライブはとても非日常な感じで、今もなお記憶に残っています。 

しかしそんな Toma もいつのまにか夢の中へ。

途中 Kanab という町で左に折れ、AZ-389、UT-59を経由し、I-15に入りました。ここから Las Vegas までは1本道です。

少し走ってたらToma と Kenta が起きてきたので、Toma に運転を代わってもらいました。

Toma はペーパードライバーです。その昔 Kenta の車をぶつけ、免許取得の際には高速実習で居眠りをして教官にマジギレされるなど、なかなかの危険人物。今回の旅でも進んで運転はしないポジションでした。

ですが今回の旅はアメリカ1周です。かなりの距離を走る予定だったので、僕も Kenta も疲れ切ってしまうことがあるかもしれません。なので、それじゃいっそここでもう練習しちゃおうということに。Kenta には教官役になってもらい、Motor Home の路上訓練を開始します。

そしてこれが恐怖の Death Drive の幕開けとなったのです。。 

僕は、恐怖で一睡もできませんでした。((((;゚Д゚)))))))
まず初の右車線走行、左ハンドル。直線でフラつき、ほとんど車は2車線をまたぐというあり様。笑
常にフラついているので、車線はみ出し注意の警告線にタイヤがのりビービービービー鳴っています。また山越えでカーブが多く、トラックもかなりの台数が走っていました。
にもかかわらず、Toma は逆に気持ち良くなってきたのか居眠りをするという離れ業を繰り出したのです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722015000j:plain

Mika ちゃんと Ashida は自分たちが死にかけているのも知らず、ベッドの上で気持ち良さそうに寝ていました。

しかしながら、助手席の鬼教官のお陰でなんとか運転も上達し、ついにKentaとバトンタッチです。Toma は神経をすり減らしたのか、顔面蒼白のまま就寝。これで僕も安心して眠ることができました。

2時間くらいは寝ていたのか、もうすぐ着くとの事。ここでまた運転を交代します。
目の前には眩いくらいの光が溢れ、砂漠のオアシス Las Vegas が近づいてきています。写真はブレブレですが Vegas の町を映したものです。笑

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722015001j:plain

市内に入り車も増えてきました。初めて見た時感じたのですが、異世界、異空間という言葉がぴったりな町だと思いました。フリーウェイからは有名なホテルも見る事ができ、ピラミッド型のホテルの先端からは光のビームが夜空を縦横無尽に照らし続けています。

と、感動している間に今日の宿 OASIS LAS VEGAS RV RESORT に到着しました。

時刻は深夜0時過ぎ。

とても綺麗なRVパークで、生活の為の設備が充実し過ぎている豪華なRVパークです。そして急ピッチで車の中を広くさせ(車体の一部が外にスライドする)、ベッドを作ります。

それから、女の子たちは飛行機に乗ってからというもの一度もシャワーを浴びてなかったのでシャワー室に直行です。僕ら男どもも直行です。

その結果、一斉にシャワーを浴びたせいでお湯が出なくなるという現象が起きました。笑
そんなハプニングも乗り越え、長い1日がようやく終わります。

もう後は寝るだけです。時刻は2時過ぎ。明日は早朝からビッグイベントが待っているため6時30分には起きなければなりません。

不安とドキドキを抱えながら、僕たちは泥のように眠りました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722015002j:plain

次回のブログは?

次回のブログは、5人、鳥になる。です。お楽しみに! 

 

神秘の空間、ANTELOPE CANYON。-キャンピングカーでアメリカ1周(横断)旅行-

スリルドライブ..!!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023724j:plain

何も無い、ただ赤茶色の大地だけが広がっている1本道を走ること2時間半。突然小さな町 Page が現れました。到着時刻は12時過ぎ。

ここでは Antelope Canyon を見学する為、ツアーを申し込んでいました。予約していた11時30分からのツアーでは、太陽の光が谷底を照らす神秘的な光景が見られたのですが、やはり間に合いませんでした。
しかしその神秘的な光景は見られませんが、次のツアーに空きがあるとのことだったのでそこに入れてもらう事ができ一安心。

そして時間になり遂に Antelope Canyon へ出発!

ツアー事務所から10人乗りくらいのヘンテコな車に乗せられ、現地へと出発します。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023726j:plain

しかし走り始めてすぐ、たぶんみんなが思ったと思います。

スピードの出し過ぎだと。

シートベルトもあるのか無いのか分からないようなちゃちい物で、あとは足で踏ん張るのみ。気を抜いたら車から放り出されそうな勢いです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023727j:plain

これをアトラクションと捉えるべきなのか、ただただ運転手がクレイジーなのか。それくらい意味不明な速度で Antelope へ向かっていきます。

神秘の空間、ANTELOPE CANYON

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023728j:plain

やっとこさ着いた頃には、あまりのスリルドライブで正直見学する気も失せていました。笑
ここからは車に乗せられたグループでガイドが1人付き、要所要所で説明が入りながら観光していきます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023729j:plain

少しWikiから抜粋。

アンテロープ・キャニオンは他のスロット・キャニオンと同じく、周囲の砂岩(ここではナバホ砂岩)の侵食によりできた何百年にも及ぶ地層を形成しており、これは主として鉄砲水のほか、風成の侵食によるものである。特にモンスーンの時期に降る雨水はアンテロープ・キャニオンの一部である谷間を流れ、より狭い通路を流れるにつれ水は加速して砂を拾いあげる。その後長い時間をかけて通路が侵食されると、狭い通路は更に広くなり岩の鋭さはより滑らかにされて、岩の「流れる」ような特徴を形作る。こうして独特の岩の通路が、長い時間をかけ完成された。」

だそうです。

おそらくガイドさんもこのような事を言っていたんでしょうが、みんな英語分からないので分かったフリ。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023730j:plain

ずっとこの場所にいるとどこか異世界に来たような感覚に陥ります。渓谷の底を歩いているだけなのですが、自然が手を加える事によってこんな神秘的な形、色、雰囲気になるのかと感心しました。 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023733j:plain

Tomaはあまりの美しさに影分身を使い始めました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023732j:plain

ただ綺麗は綺麗なんですが、この時間帯は少し人が多いです。できるなら誰もいない正午あたりに1人で見て回りたいなと思いました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023731j:plain

そして見学も終え、またあの暴走車にのせられて Page まで戻ります。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023734j:plain

スリルドミノピザ..!!

時刻は15時。みんな朝からまともな物を食べて無く、また Antelope Canyon で歩き回ったので疲労困憊気味です。Ashida にいたってはもはや死にかけです。

でも周りにおいしそうなレストランも見当たらず、ピザハットへ行くことに。

そこで目にしたのは、アメリカサイズのピザ!

デカいです!!

少し腰を抜かしました。そして味も濃い!ここでやっとアメリカ人の体形の謎を解くことができました。しかし、僕的には結構おいしかったので満足です。

みんなは時差ボケと寝不足の胃で少々荷が重かったみたいですが。笑

Toma もこの渋い表情。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023725j:plain

時刻は16時。

みんな少し元気を取り戻し、ここから Horseshoe Bend へ向かいます!!! 

次回のブログは?

次回のブログは、断崖絶壁、蹄の旅。です。お楽しみに!!

rvdetrip.hatenablog.com

Pageへ。-キャンピングカーでアメリカ1周(横断)旅行-

オアシスPageへ

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154732j:plain

次の目的地は Antelope Canyon です。度々テレビなどのメディアでも取り上げられる場所なので知っている人も多いでしょう。

なぜ Antelope Canyon へ直接行かないかというと、それはネイティブアメリカンであるナバホ族居留地内にあるため勝手に入ることが許されておらず、Page からツアーが出ているのです。

Grand Canyonからはまず、US-89へ合流しなければなりません。

辺りは日本じゃ見られないような壮大な景色が広がっています。
あまりの気持ち良さにTomaもこの表情。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154734j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154733j:plain

途中US-89と合流してからはひたすら北上してゆきます。

ここから辺りは赤茶色の世界。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154735j:plain

見たこともないようなでっかい岩?壁?がゴロゴロあります。

ここら辺でみんなちょっと気が緩んできたのか、気候がいいのか、うたた寝し始め車内は静かに、、、

なりません!

中国で何時間も足止めをくらい、着いたら即出発、睡眠も少ししかとってないのにMikaちゃん(帽子の女の子)だけは容赦なく元気。元気すぎて手がつけられないほどでした。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154736j:plain

 

道中ひときわ景色が良いビュースポットがあったので立ち寄りました。
そこには、ネイティブアメリカン?がやっているアクセサリーショップのようなものもあります。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154737j:plain

ここでMikaちゃんがネイティブアメリカンに一緒に写真を撮ってほしいとお願いしたところ、即座に、何か買わないと撮らないと言われていて、少しヘコむというエピソードがありました。

ですが、こんな綺麗な景色を見たら多少ヘコんでもすぐに吹っ飛びます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154738j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154740j:plain

Ashida(シマシマの女の子)はお昼寝していたので、車内から。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154739j:plain

一通り景色を堪能したら出発です!
あまりのんびりしていられないのが、ちょっと残念。まぁ自分のせいですが。。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154741j:plain

ここからは僕も眠くなってきたので、健太に運転を交代してもらいベッドに向かいました。

もはやアスリート並みの体力を持つMikaちゃんの写真攻撃をかいくぐり爆睡。
Tomaはだいぶ前から爆睡。 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154742j:plain

やっぱりキャンピングカー(Motor Home)はいつでも眠くなったらぐっすり寝られるのがいいですね!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170625154743j:plain

窓から入る心地良い風に吹かれながら少し眠ると、もう Page のすぐそばまで来ていました。

次回のブログは?

次回のブログは、神秘の空間、ANTELOPE CANYON。です!
お楽しみに!

rvdetrip.hatenablog.com

衝撃!GRAND CANYON。-キャンピングカーでアメリカ1周(横断)旅行-

遂に!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170624161425j:plain

到着しました。AZ-64に入ってからが結構長かった…

時刻は8時30分。空は快晴です。

子供の頃から Grand Canyon という言葉は知っており、いつか行ってみたいなとずっと思っていました。しかし大人になるにつれ時間は無くなり、Grand Canyonどころか旅行さえなかなか行くことができない日々。いつしか夢のようなものに変わっていきましたね〜

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170624161426j:plain

そんな事を考えていると Grand Canyon はもう目の前にあります。

大げさかもしれませんが、見た瞬間時間が止まったような感覚になりました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170624161427j:plain

少し Wiki から抜粋します。

「グランドキャニオンの起源は今から7000万年前、この一帯の広い地域がカイバブ・アップリフトとよばれる地殻変動により隆起したことに始まる。
約4000万年前、コロラド川による浸食が開始。峡谷は500万年前にほぼその全容を現し、現在見られるような峡谷になったのは約200万年前である。そして今もなお、浸食は続いており、最古でおよそ20億年前の原始生命誕生時の地層を浸食している。」

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170624161428j:plain

だそうです。

気が遠くなるような年月の羅列。何千万年という月日をかけて出来上がった景観を目の当たりにして、もはや言葉も出ません。(・Д・)
本当に来て良かったと思える場所でした。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170624161429j:plain

時が止まったように思える場所でも時間は刻一刻と過ぎていきます。

時刻はもうすぐ9時30分。

11時30分から Upper Antelope Canyon のツアーを予約していたので、本来なら15分程で出発しなければならなかったのですが、あまりの美しさに見とれてしまっていました。

みんな急いでMotor Home に乗り込み、次の目的地 Page を目指します!!

次回のブログは?

次回のブログは Pageへ。です!お楽しみに!

rvdetrip.hatenablog.com

弾丸トラベル開始!-キャンピングカーでアメリカ1周(横断)旅行-

残り時間...

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170622212107j:plain

本来女の子2人は仕事の都合で4日間しか滞在できない予定でした。
しかし、某航空会社のお陰で3日間程しか滞在できない事になったのです。

そこで日程が、1日目 Los Angeles〜Las Vegas(Grand Canyon 経由)、2日目 Las Vegas〜Los Angeles、3日目 Los Angeles 観光という、めちゃくちゃな事になりました。

まさに「弾丸トラベル」と呼ぶに相応しい過密スケジュール。

この3日間に観光やアクティビティを目一杯詰め込んでいた僕は、正直動揺していました。

長い旅の始まり

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170622212108j:plain

いよいよ出発です。時刻は23時。最初の目的地は GRAND CANYON です。

GRAND CANYON では日の出を見る予定でしたが、時計を見るとあと6時間程しかありません。
ですがその時僕はまだ、めでたいことに思いっきり飛ばせば日の出が見れると思っていました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170622212109j:plain

そんなこんなで L.A を出発し、街中を抜け、ポツポツとしか灯りの無い田舎道を突っ走っている時「ある事」に気づいたのです。

なんかスピードが出ないな。と・・・

ある程度は出るのですが、アクセルをベタ踏みしてるのに速度が上がっていきません。

実はこの車、75mile以上はリミッターがかかっていてスピードが上がらないようになっていたのです… orz

もはや絶望です。このだだっ広い道路で75mile以上出ないというのは、とても痛い。
しかし諦めたら試合終了なので走り続けました。

キャンピングカーで晩御飯!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170622212110j:plain

L.Aで晩御飯を食べ損ねた僕たちは、出発前に買い出しに行っていたのを思い出しました。

車の中ではTomaが晩ご飯を作り始め、楽しい時間の始まりです。
メニューはレタスチャーハンと、アメリカのスーパーで適当に買ったタコスです。Tomaは揺れる車内でも器用に料理を作ってくれました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170622212111j:plain

チャーハンも慣れた手つきで素早く作ってくれておいしかったです。

が、、、スーパーで買ったタコスと一緒に食べる具のような物の味見をすると、それはもうえげつない味!!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170622212112j:plain

腐ってるのか何なのか分からないくらいまずかったです。この時ばかりは男前のKentaもこの有様。
ラルフズで買い物する際は気を付けましょう。

あともう少しで...

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170622212113j:plain

そうこうしている内にいつの間にか真っ暗闇の中を走っています。
空を見上げると、満点の星空が僕たちを迎えてくれていました。

みんなビックリし急いで車を止め、外に出てもう一度空を見上げてみると、どこまでも広がる満点の星空が。空気が澄み切っていて天の川もくっきり見る事ができ、あまりの綺麗さに鳥肌が立ったのを覚えています。。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170622212114j:plain

しかしあまりのんびりもしていられないので出発です。

ここでKentaに運転を代わってもらい、仮眠をとることに。けれど興奮していてあまり寝る事ができません。

すこし時間が経ってから運転席に顔を出すと、まさかの告白が..!!

ガスがもうすぐ無くなる。。。

それはヤバい!と慌ててスタンドに駆け込みましたが、深夜なこともあり店員さんはおらず現金が使えませんでした。そしてクレジットカード(デビット)もお金を入れ忘れていた為使えず。

もはや日の出は絶望的になりました。。。

しかしどうしようもないので店が開くまで待つしかありません。その頃には辺りも明るくなってきていました。

遂に店員さんが出勤し、開店1番でガスを満タンに。そして再出発です!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170622212115j:plain

ここからはあまり焦る事も無く、今まで真っ暗だった景色も見え始め、景色を楽しみながら進みました。

そして、地平線に太陽が顔を覗かせた頃、 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170622212116j:plain

遂にI-40をAZ-64に左折!残すは北上のみとなりました! 

憧れの GRAND CANYON はもうすぐです!!!

次回のブログは?

次回のブログは、衝撃!GRAND CANYON。です。お楽しみに!

rvdetrip.hatenablog.com

念願!MOTOR HOME とご対面!-キャンピングカーでアメリカ1周(横断)旅行-

キャンピングカーは驚きの連続!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170621211632j:plain

前日、女の子たちから無事アメリカに向かえることになったと報告を受け就寝。

翌日は Motor Home(キャンピングカー)を Pick Up するため 9時30分に Santa Fe Springs に向かいます。

フリーウェイを使って大体30分くらい。

地図上では近そうに見えても、移動すると結構遠いことがあるので計画を立てる場合は気を付けなければなりません。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170621211341j:plain

朝目を覚まし、そそくさと準備を整えます。みんな早くキャンピングカーを見たいので、用意が早いこと。目的地に着くまでドキドキワクワクです。

 

そして遂に Motor Home と対面の時がやってきました!!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170621211631j:plain

デカい!
ただただデカイ!!
そしてこのアングルでは大きさが伝わらない!orz

ちなみに僕らがレンタルしたキャンピングカー(Motor Home)はこれ↓ 


Moturis Class A Double Elite Slide-Out - RV Rental America

 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170621211633j:plain

Tomaも飛び跳ねないわけにはいかなかったようです。

ネットでは確認していたのですが、実際目の当たりにするとかなりデカくて驚きます。と同時に運転できるか不安になってきました。 

お店の方が車内の説明をしてくれるのですが、英語なので意味不明。とにかく聞いても分からないので出発する事に。笑 

初めての経験!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170621211634j:plain

走り始めるとそれはもはやただのバスです。運転席も人が余裕で寝転べるくらい広く、車両感覚がつかめません。でもすぐにフリーウェイに乗らなくてはならず、ビビりながらも突っ込みました。

こっちのフリーウェイ(高速道路?)は皆すごい勢いで飛ばしていて、4車線くらいはあるでしょうか。これから向かう方向が Down Town 方面なので車も多い。もう事故って旅も終わるんじゃないかという勢いです。

しかし実際走っていると危なっかしそうな挙動だったのか、周りの車もうまく避けて走ってくれたので助かりました。

少し走り慣れてきたので冷静に周りを見てみると、景色がいい!
運転席の位置が高いので気分が良く、座席もとても座り心地が良いです。

ただ、アメリカは道が悪いところは本当に悪いので、食器や小物がぶつかりあってかなりうるさいです。
荷物に空きがあるなら、梱包材か何か持っているといいかもしれません。

そんな事を思いながら運転していると無事家(K-Town)に戻ってきました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170621211636j:plain

とりあえずキャンピングカーは近くのスーパーに止めておいて、乗用車で女の子達を迎えに行きます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170621211635j:plain

ですが飛行機の件もあり、いつ女の子たちが到着するかよく分からない状況です。

なのでTomaもこの状態。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170621211637j:plain

結局出てこない出てこないと慌てながらLAXまで2回往復するはめになり、ぐったり。

そして日も暮れた頃やっとの事で会う事ができたのです。

次回のブログは?

次回のブログは、弾丸トラベル開始!です。

本来ならば午前11時くらいに女の子たちと合流できる予定だったので、旅の計画は押しに押しています。

これからどんな旅が始まるのでしょうか?乞うご期待です!

rvdetrip.hatenablog.com

アメリカ到着 -キャンピングカーでアメリカ1周(横断)旅行-

TOMA、KENTA、遂にアメリカ到着。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170602192341p:plain

10月13日のお昼くらいに2人が到着。2人は時差ボケも感じさせないくらい元気で、はしゃぎまくってました。

まず、今回のアメリカ1周(横断)旅行は、最初の数日間仲の良い女の子も一緒にグランドサークル周辺を回る予定です。

 

明日の早朝から キャンピングカー(Motor Home)のピックアップや女の子2人を迎えに行く為、今日はのんびり過ごすことに決めました。

なので

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170602192343j:plain

町をブラブラしたり、

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170602192342j:plain

ゴスペルを見に行ったり、

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170602192345j:plain

夜には男3人でグリフィス天文台にも行きました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170602192344j:plain

また問題

しかしそろそろ寝ようとしていた時、次の日のお昼に到着する予定だった女の子たちから連絡が入ったのです。

それは、中国で乗り継ぎができなかったという話でした。

アメリカ1周(横断)旅行を計画した2012年。この年は尖閣諸島の問題によって中国国内で大規模な反日デモがあった年だったように思います。

まだまだ若かった僕らは国の情勢などあまり気にせず、安易に安いという理由で中国の航空会社を利用しましたが、もっと慎重に選択するべきだったと後悔しました。

詳細は忘れてしまいましたが、彼女たちは何やら理不尽な扱いを受け乗り継ぎに失敗したようです。

しかし僕らがいるのはロサンゼルス。何もできません。

結局旅行会社に次の便を手配してもらったようですが、その時も飛行機の遅延か何かで数時間待つこととなり、結局何時間も空港で足止めを食らったそうです。

大事な旅行へ出発する際の航空会社選びは、よく考えなければいけないと痛感しましたね。

そしてそんないざこざを乗り越え、無事飛行機に乗り彼女達もロサンゼルスに向けて出発しました。

次回のブログは?

次回は、念願! MOTOR HOME とご対面!です。次回もぜひ見に来てくださいー!

rvdetrip.hatenablog.com