RVでTRIP!

RVでTRIP!

アメリカ横断からの横断。アメリカをキャンピングカーで1周した時の旅行備忘録。

旅を振り返る「L.A〜Oregon(北上)編」

執筆中

旅を振り返る

旅を振り返る「弾丸トラベル編」

rvdetrip.hatenablog.com

旅を振り返る「L.A〜Oregon(北上)編」

rvdetrip.hatenablog.com

旅を振り返る「Oregon〜N.Y(横断)編」

執筆中

旅を振り返る「N.Y〜Florida(南下)編」

執筆中

旅を振り返る「Florida〜New Mexico(横断)編1」

執筆中

旅を振り返る「New Mexico〜L.A(横断)編2」

執筆中

弾丸トラベル終了。【キャンピングカーでアメリカ1周(横断×2)旅行】

L.A観光 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153708j:plain

時刻は朝の5時です。3回程居眠りをしましたが、無事に帰って来られました。
今日は Los Angeles 観光をする日ですが、ひとまず寝ようということで家に帰って爆睡です。

10時くらいに起きて、自家用車がパンクしているのに気付いたので修理をしに行きます。その間女の子達は今日の夜中にフライトなので荷造り。
そして今日は1日 Motor Home は使わないので Down Town にある駐車場に停めに行きます。

するともうお昼過ぎになってしまいました。慌てて1つ目の観光スポット「グリフィスパーク」に向かいます。パーク内には天文台があるほか展望台もあり、L.Aの街並みやハリウッドサインを綺麗に見ることができます。

グリフィス天文台

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153712j:plain

到着したらやっぱりまずはハリウッドサインです!これを見るとロサンゼルスに来たのを実感しますね。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153709j:plain

そして各々展望台に向かって歩いているといつの間にか Mika ちゃんがいません!探してみると、知らない外人の家族と戯れていました。笑

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153710j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153711j:plain

英語の中に日本語を織り交ぜ、見事にコミュニケーションをとっています。僕が初めてアメリカに来た時、あんなにアグレッシブに行動できなかったので彼女はすごいな〜と思いました。 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153713j:plain

天文台は Kenta と Toma が来た時にも1度行ったので景色はなんとなく分かっていましたが、昼間の眺めも良かったです。

一通り見終わって次の目的地へ向かう途中、Ashida の様子がおかしいことに気づきました。なんと顔に生気がありません..!よくよく思い出すと、ラスベガスでビュッフェに行って以来まともに食事をしていなかったのです!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153714j:plain

これはまずい!と思い、急いでカフェに入り食事。なんとか Ashida の顔も通常に戻り観光を続行です。

ロデオドライブ

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153716j:plain

次は映画「プリティ・ウーマン」にも登場し、高級ショップの立ち並ぶ「ロデオ・ドライブ」に向かいます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153715j:plain

ここでは女の子たちのショッピングにお付き合い。Ashida がどうしても行きたいお店があるらしく、プラプラ歩きながらみんなでお店を探していると、なんと!ものの見事に潰れていました。笑 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153717j:plain

そんなハプニングもありながら、また街中をブラブラしているとキャンドルショップを発見。とてもおしゃれな匂いがしたので Mika ちゃんが一目散に入っていきました。

自分たちがお店に入った時にはすでに Mika ちゃんは店員さんと仲良くなっています。話を聞くと今日はオープニングパーティーだそうで、オーナーさんも来ているとのこと。そして次は東京にも出店するらしく、オーナーさんが僕たちのところまでわざわざ来てくれました。

するともう Mika ちゃんの勢いが止まりません。あれも見たいやこれ安くしてやら、店内を駆け回っています。 Mika ちゃんの大阪人魂にオーナーもたじたじです。やはり Mika ちゃんは強いな...!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153718j:plain

そんなこんなでお土産を購入し、次の目的地へ。

 ハリウッド

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153728j:plain

時刻は18時30分。本当は「ベニス・ビーチ」にも行きたかったのですが、大渋滞に巻き込まれそうだったので Hollywood へ。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153727j:plain

ここもとても賑やかな場所ですが、やはり賑やかさを比べると Las Vegas には及びません。足下にあるスター達の名前を見たり、チャイニーズシアターで手形を見たりしながら歩きます。

途中映画のキャラになりきっている2人組に捕まり、強制的に写真を撮らされました。笑

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153719j:plain

そして撮り終えると1人1人に「ニジュー!ニジュー!」と言いはじめたのです。5ドルくらいかな〜と思っていたのでさすがに20ドルはありえません。元のキャラを知っている Toma に言わせると全くと言っていい程似てないらしく、ほとんどカツアゲ。
みんな10ドルくらい渡して適当に逃げたのですが、Mika ちゃんだけはびた一文払わなかったそうです。笑 さすが...!

そんなこんなで歩いてると、蝋人形で有名な「マダム・タッソー館」が見えてきました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153721j:plain

お世辞にも人が入っているように見えず、面白そうな雰囲気も感じられなかったのですが、せっかくなのでハリウッドに来た記念として入ってみる事に。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153720j:plain

ところがどっこいこれが結構楽しいのです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153729j:plain

ニコラス・ケイジ

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153722j:plain

ジュリア・ロバーツ

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153724j:plain

オードリー・ヘプバーン

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153725j:plain

トム・ハンクス

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153726j:plain

ジム・キャリー

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153723j:plain

だれ...?

似ている人形や微妙な人形、昔の俳優から最近人気の俳優まで、たくさんの蝋人形がありました。映画が好きな人にはおすすめです。

ふと時計を見ると20時を回っていたので、慌てて次の目的地へ向かいます。

The Grove 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153731j:plain

次は「The Grove」というショッピングモールで食事です。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153730j:plain

実は Mika ちゃんの誕生日が過ぎていたこともあって、出発前に Kenta から何かできないかと相談を受けていました。それで決まったのが、レストランで店員さんに Birthday Song を歌ってもらいケーキでお祝い。

ホントならグランドキャニオンのRVパークで誕生日会をやるつもりだったのですが時間の都合上無理になったので、これにかけていました。

お店に入り自分たちのテーブルに就いてくれたウェイターのおじさんに、誕生日の件を説明すると、快くOKをくれました。

そしてご飯も食べ終わり、ケーキが出てくるのを楽しみに待ちます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153732j:plain

いよいよケーキを持っておじさんの登場です!
ですが笑顔でケーキを渡すと、何事も無くさっそうと去っていかれました。笑

もしかして今からなのかな?と思ってちょっと待っていたのですが、何もありませんでした。やはりアメリカでは思うようにいきません。Mika ちゃんごめんね!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153733j:plain

そして時刻は23時30分。フライトの時間が迫って来たので空港まで送ります。

今までもこのメンバーでたくさんの所へ行きましたが、こんなに中身の濃い旅をしたのは初めてです。またこのメンバーでどこかへ行けたらいいなと思いつつ、アメリカを1周して日本に帰ったらまた皆で集まろうと約束をし、2人を見送りました。

こうして3泊4日の弾丸トラベルは、名前の通りあっという間に幕を閉じたのです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153734j:plain

次回のブログは?

次回のブログは、アメリカ1周旅行開始。です。お楽しみに!

夢の街、LAS VEGAS。【キャンピングカーでアメリカ1周(横断×2)旅行】

お腹が減ったよ。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200641j:plain

さぁスカイダイビングも終わり、また集合場所に戻ってきました。まだお昼過ぎですがみんな結構ヘトヘトです。そうです、お腹が減りました。よくよく考えれば、前の日のお昼にピザを食べてからまともに食事をしていません。という事で、Las Vegas 名物のビュッフェ(BUFFET)に行こう!ということになりました。

車をパーキングにとめて街中を歩きます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200642j:plain

やはりVegas の街中で Motor Home はかなり窮屈なので、少しはずれにとめてタクシー等で移動するほうがおすすめです。

街中を歩いていて思ったのですが、良い意味で本当に意味不明な街です。

突然エッフェル塔が現れたり

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200646j:plain

凱旋門が出て来たり

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200645j:plain

自由の女神

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200643j:plain

エンパイア・ステート・ビルディングまで見れたり、その間をジェットコースターが走ってたりと。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200644j:plain

その1つ1つに現実味が無く、Las Vegas へ来た人々を非現実的な世界へ導いてくれます。

そんなこんなで街を眺めながら歩いているとホテルに到着しました。しかしここのビュッフェは改装中で営業しておらず、泣く泣く次のホテルへ。もうみんなお腹ペコペコでぐったりしてます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200649j:plain

適当に横のホテルへ向かうと、そこは映画「オーシャンズ11」の撮影でも使われていた「ベラッジオ」でした。
多少の感動と、早くご飯にありつきたい一心で即座にここで食べる決断をしビュッフェへ!

みんな好きなものをとってきて食べてます。料理もおいしく、隣の席の夫婦と片言英語で会話しながら楽しい時間を過ごすことができました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200648j:plain

が、Tomaだけは忘れられない思い出を作ったようです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200647j:plain

料金の元を取る!と勢い良くケーキを取りに行ったはいいものの、お皿に載せすぎて派手にひっくり返していました。笑
隣にいた僕は、お皿が落ちて「ガシャーン!!」と鳴った瞬間、他人のフリをしたのは言うまでもありません。

そんなこんなで、Toma だけは少し凹んでましたがみんな満足して店を後にします。途中、全身金色のおじさんに絡まれながら車まで戻りました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153644j:plain

ビッグイベント

時刻は15時30分。19時からは本日2度目のビッグイベントが待っています!
お腹もいっぱいになり睡魔が襲って来た男共は車で仮眠をとることにし、女の子達はショッピングに出かけて行きました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153645j:plain

17時30分頃に起き、準備を整えMGMグランドホテルに向かいます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153646j:plain

そうです、今から シルクドソレイユ を見に行くんです!
僕たちは数あるショーの中から「KA」 を選びました。

 

街を歩いていると、気温も下がってきて風が心地良いです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153647j:plain

日が落ち、ネオンがちらつき始めました。これからの楽しみも相まり、その時とても幸せな気分でまるで夢の中にいるようでした。

 

ホテルに到着です。カジノを抜けると会場の入り口が見えてきました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153648j:plain

いざ会場の中へ。

 

びっくりしました...! 会場自体が「KA」の世界になっています。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153649j:plain

ステージ上からは一定間隔で炎があがり、観客の気分を盛り上げてくれます。僕らの座席も、真ん中のセクションの前から5列目くらいでとても迫力が伝わってきます。
さらに開演15分前くらいになると演者の人達が左右から現れ、「KA」の世界にグッと引き込むような演出を開始。観客のテンションはさらに上がっていきます。

そしていよいよ開演です。

演出などは伏せますが、もう..度肝を抜かれました!これがエンターテイメントの本場アメリカのショーなのかと..!ホテルの財力がハンパないなと..!見るものを圧倒するショーでした。

オフィシャルPVがあったので載せておきます。


KÀ from Cirque du Soleil - Official Preview

街ブラ in Las Vegas

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153704j:plain

すごいものを目の当たりにして皆放心状態ですが、ここからまたベラッジオに移動し、噴水ショーを見に行くことに。

夜のストリップ通り沿いを、華やかな景色を楽しみながら歩きます。個人的には、昼間より夜の方が雰囲気があって好きです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153651j:plain

そしてベラッジオに到着。周りはすごい人だかりで、写真を撮るのも大変な状況。
そんな中ショーが始まりました。マイケルジャクソンの曲に合わせて、水が宙を舞います。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153654j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153653j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153652j:plain

正直なところ特に何の期待もしていなかったのですが、実際見てみると良かったです。噴水のアクションの種類も豊富で飽きることが無く、また背景にはベラッジオホテルがあるので雰囲気がとても良く、楽しめました。 

そんなこんなで次に行こうかと辺りを見渡していると、何やら派手な服装をしたセクシーなおねぇさんを発見。観光客相手に写真を撮ってんだ〜 ちょっと一緒に撮ってもらうのも恥ずかしいな〜なんて考えていると...

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153655j:plain

我こそはと Toma が一緒に写真を撮ってもらっていました。
それもちょっと照れながら。笑 

そして時間も押しているので、急いで車に戻り次なる目的地へ。

これから北に数キロ走り、フリーモントストリートを目指します。

フリーモントストリートはハイテクアーケード街として知られており、アーケードには1,250万個のLEDと220台のスピーカーが設置され、頭上で音と光のアトラクションが繰り広げられるという、有名なスポットです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153656j:plain

実際行ってみると、かなり賑やかで騒がしい場所でした。お疲れの自分たちには少しキツい場所だった気がします。しかし自慢のアーケードは目を見張るものがあり、更に Las Vegas が好きになりました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153701j:plain

通りのお店では女の子が踊っていたり

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153657j:plain

突然アーティストのLIVEが始まったり

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153702j:plain

途中すごい人だかりができていると思えば海外ドラマ「CSI:科学捜査班」の撮影をしていたり。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153658j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153659j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153700j:plain

それはそれはもう賑やかな場所でした。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153703j:plain

そして音にも疲れ、人混みにも疲れ、歩くのにも疲れた僕たちは、車に戻ります。

時刻は24時。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153705j:plain

思い返すと本当に中身が濃い、充実した1日を過ごすことができました。たくさんの思い出も作ることができ、今でもあの時の興奮やみんなの顔をすぐに思い出すことができます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153707j:plain

名残惜しい気持ちもありつつ、このなんともいえない非現実感、そしてたくさんの人を魅了する夢の街 Las Vegas を後にし、一行は一路 I-15を南下し家のある Los Angeles へと向かうのでした。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180207153706j:plain

次回のブログは?

次回のブログは、弾丸トラベル終了。です。お楽しみに!

rvdetrip.hatenablog.com

5人、鳥になる。 【キャンピングカーでアメリカ1周(横断×2)旅行】

事のいきさつ

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194941j:plain

早朝6時30分起床。かなり眠いです。外に出ても誰も起きてません。

ですが、今日は待ちに待ったスカイダイビングの日!

テンションが上がらないわけがありません!!
ですがスカイダイビングをするにあたってMikaちゃんとは一悶着ありました。
なんせ彼女は高所恐怖症なのです...

しかし、人生で1度は飛んでみたいと思っていた僕はすぐに諦められません。1人の女子が必死で恐怖を訴えるなか、「安心だ」「安全だ」「大丈夫だよ」と、オレオレ詐欺も真っ青なほどの白々しい言葉を投げかけること2週間。Mikaちゃんが折れてくれました。笑 そして、今日があります。

他のみんなはやる気満々でさほど怖がってる様子も無かったのですが、あの時Mikaちゃんの言うことを聞いておけば良かったと皆心から思うことになろうとは、この時はまだ知る由もありませんでした。。

慌ただしい朝

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194942j:plain

のんびりしている時間はありません。みんなを起こし、集合場所(市内)に7時30分の為表の道に出てタクシーを拾う予定です。集合場所には送迎車が来ていて、そこから空港へ向かう予定になっていました。

しかし表の道に出てみてもいっこうにタクシーが捕まりません。集合時刻に遅れれば、何のためらいも無く置いていかれてこのイベントが台無しになってしまいます。
タクシーはそこら中に走っていると勘違いしていた僕のミスです( ˙-˙ )

ですが時刻はもう7時15分をまわっており、RVパークのフロントに頼んでタクシーを呼んでもらおうと思いましたが、到着するまで30分もかかるとの事。
なので結局集合場所まで車で行く事にしました。しかしキャンピングカーです。遅い。
藁をも掴む思いででっかい車を走らせ、一目散にそこを目指しました。

テイクオフ

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194943j:plain

なんと奇跡的にオンタイムで到着し、滑り込みセーフ。ギリギリでした。ほんと慌ただしい朝です。

それから息つく暇もなく、車の中で注意事項などのビデオを見せられ、万が一の事が起きた場合の同意書にサインをしました。この時はみんな結構ビビってましたね。笑

いよいよ空港に到着し、服を着替えたり、ダイブ中にとる姿勢の練習をしたりします。スカイダイビングには「エビ反り」という大事な姿勢があるのですが、練習中メンバーの中で僕だけできずに不安になったのを覚えています。ですが、インストラクターの人がおもしろおかしく教えてくれて、楽しんで最後までやることができました。

そんなこんなでいよいよセスナに乗り込みます..!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194944j:plain

この時はまだ余裕の表情。インストラクターさんたちと笑顔で記念写真を撮っています。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194945j:plain

このスカイダイビング一番の犠牲者、Ashidaもまだ楽しそう。。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194946j:plain

そして遂に飛行機が大空に向かって飛びたちました!

5人、鳥になる。

もう後には引けません。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194947j:plain

メンバーを見渡してみて驚いたのですが、Ashidaがドアの横に座っています。そうです、トップバッターです。もう心の底から同情しました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194948j:plain

ですが数分後にはこのテンション。彼女は本当に肝が座っています。

その頃高所恐怖症のMikaちゃんはというと、、

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194950j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194949j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194952j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194953j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194951j:plain

完全に自分を見失っていました...( ˙-˙ ) 

 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122215249j:plain

セスナはぐんぐん高度を上げ、ついに飛び降り地点の4,500mに達しました。
目に飛び込んでくるのは果てしなく広がる地平線。下を見ると建物が米粒並に小さく見えます。この頃には、たぶん皆血の気が引いていたと思います。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206184421j:plain

そしてドアが開かれ一気に風が機内に流れ込んできます。 Ashida は機体に腰をかける形で座らされ、体はほとんど外に出ていました。
彼女はキャーキャーと喚いてはいましたがどこか楽しんでいるようにも見え、根性あるな〜と思っていると、心の準備もできないままインストラクターが飛び出し一瞬で落下していきました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206184423j:plain

うわ!!と思っているのもつかの間、今度はTomaが落ちていきました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206184422j:plain

自分の番がやってきました。機体に腰をかけ、すごい風が襲ってきます。インストラクターさんが緊張をほぐす為になんか言ってくれてますが、英語なのでほとんど分かりません。笑

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200626j:plain

しかしこの時にはビビりすぎたのか自然と恐怖も無くなりました。
足下を見ると遥か下に地面が見えます。
そして頭をがっちり固定され、いざ大空へ。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200627j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200632j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200633j:plain

強烈な浮遊感に頭が真っ白になっているこの時
カメラは捉えていました
Kenta の絶望的な顔を...

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200628j:plain

Kenta を尻目に僕はすごい勢いで落下していきます!
強烈な浮遊感が数十秒続き、その間息をするのも忘れるくらい放心状態で落ちていきます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200635j:plain

なんてこった!と思った時には浮遊感も無くなり楽しさに変わりました。周りを見渡せば地平線、遠くには湖も見えます。そこから数十秒間とても楽しかったのを覚えています。 

みんなはというと...

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200634j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200631j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200629j:plain

めちゃくちゃ楽しんでました!
ですが Mika ちゃんだけは...

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200630j:plain

失神寸前だったようです...
顔は女の子なので一応。

ですがパラシュートが開く頃には

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200636j:plain

だいぶ慣れたのか楽しそうでした!

そんなこんなで数分空をゆらゆら漂いながら、いよいよ着陸です。
インストラクターさんが真剣に風を読みながら小刻みに舵をきっているのが伝わってきて、逆に怖い。そしてなかなかのスピードで地面に向かっていると思ったら、すれすれで少し上昇し着陸です。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200637j:plain

5人、人に戻る。

なんとか無事に終えることができました。
Kentaは軽度ですが肺気胸を患っているので、それを忘れてやってしまったがために落下中息ができなかったらしく、顔面真っ青になっていました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200638j:plain

Mikaちゃんも意を決して飛んでくれ感謝感謝です。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200639j:plain

今回初めてスカイダイビングをやってみた感想ですが、Mikaちゃん以外全員一致でもう1回やりたいとの事でした。
スカイダイビングには人を魅了する何かがあるのでしょうか。人生観まではいきませんが、何かが変わるような気もします。それくらい衝撃がありました。Las Vegas に行く際は、こういったアクティビティもおもしろいですよ!

そういえば、パラシュートが開いてから Ashida のペアだけグルグル回転しながらもうスピードで落下していくという珍事がありました..! 後々話を聞いてみるとただの遊びらしく、遊び心のあるドSのインストラクターさんにあたると寿命が縮むので注意したほうがいいとのことです!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200640j:plain

次回のブログは?

次回のブログは、夢の町、LAS VEGAS。です。お楽しみに!

rvdetrip.hatenablog.com

 

断崖絶壁、蹄の旅。【キャンピングカーでアメリカ1周(横断×2)旅行】

我が生涯に一片の悔いなし

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014941j:plain

ここにきてあの元気いっぱいだった Mika ちゃんが遂に力尽きてしまいました。
まるでラオウのごとく立派な最後だったように思います。

 

ですが10分ほどですぐ復活しました。笑

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014942j:plain

断崖絶壁、蹄の旅

Pageの町から来た道を戻ること10分程、コロラド川に近づくように右へ折れます。

ここは Grand Canyon と同じくらい楽しみにしていた Horseshoe Bend があるところです。この旅が始まる少し前、テレビ番組「週末のシンデレラ 世界!弾丸トラベラー」で芸人のしずちゃんが行っているのを見てすごい場所だと知り、自分達も行くことに決めたのです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014943j:plain

駐車場からは1kmちょいほど歩かなければなりません。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014944j:plain

上り坂があって結構しんどかった気がします。上り終えて下ると、それは突然現れました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014945j:plain

大地を削ったコロラド川が大きく蛇行し、すごくインパクトのある景色が広がっています。何年かけて今の Horseshoe Bend になったか分かりませんが、凄まじい年月がこれを造り上げた事くらい容易に想像がつきます。

Horseshoe Bend には柵も何も無いので、落ちると一直線に谷底行きです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014947j:plain

分かりにくいですが船やテントが米粒のように小さく、かなり高いということが伺えます。みんな怖くてなかなか崖側までは行けません。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014946j:plain

それでも Toma と Kenta はギリギリまで行きたくなるタイプの人。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014950j:plain

落ちないかと見てるこちらがヒヤヒヤします。
ちょっと慣れた頃にはみんな高さが麻痺し崖側で記念撮影。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014949j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014951j:plain

そろそろ日も落ちて来て、辺りがオレンジ色に染まってきました。
アメリカをまわって思ったのですが、日本みたいにそこら中に山があるわけではないので空がとても広く感じます。なので日が落ちる頃の空は綺麗すぎて毎度感動させられました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014954j:plain

そしてまた来た道を戻らなければならないことに気付き、少し憂鬱に・・

ですが石を積んでみたり、

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014953j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014952j:plain

お喋りしたり、

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014955j:plain

テクテク歩きながら、みんな最後まで Horseshoe Bend を満喫したようです。

ここで記念に Motor Home(キャンピングカー)と。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014956j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014957j:plain

車に戻って来ましたが、まだここが1日の終着地点ではありません。
明日は朝早くから Las Vegas でこの旅のビッグイベントが待っています。

恐怖のデスドライブ

時刻は18時。Grand Canyon へ行く途中得た教訓を糧に、Page でガソリン満タンにします。

給油中もたくさん遊ぶ Kenta と Toma。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014959j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722014958j:plain

また夜中の移動が始まります。

この頃はハイビームの存在が完全に頭から抜けていたので、

ずっと「ライト暗い暗い全然見えへんやん」

とボヤきながら一生懸命走っていました。なので目の疲労がハンパない。
それにもまして Vegas までまた遠いこと。大体450kmあります。
僕の心は若干折れそうになりながらも、Motor Home は皆を乗せて走ります。

ここからザイオン国立公園の方へ向かってUS-89を直進。

走り始めてすぐ、Kenta、Mikaちゃん、Ashida は夢の中にいってしまいました。
Toma は助手席でずっと起きていてくれ、他愛も無い話をしたり普段はしないような話をしたり、途中車を止めて星を見てみたりと、アメリカ旅行ならではの時間を過ごしました。アメリカの夜のドライブはとても非日常な感じで、今もなお記憶に残っています。 

しかしそんな Toma もいつのまにか夢の中へ。

途中 Kanab という町で左に折れ、AZ-389、UT-59を経由し、I-15に入りました。ここから Las Vegas までは1本道です。

少し走ってたらToma と Kenta が起きてきたので、Toma に運転を代わってもらいました。

Toma はペーパードライバーです。その昔 Kenta の車をぶつけ、免許取得の際には高速実習で居眠りをして教官にマジギレされるなど、なかなかの危険人物。今回の旅でも進んで運転はしないポジションでした。

ですが今回の旅はアメリカ1周です。かなりの距離を走る予定だったので、僕も Kenta も疲れ切ってしまうことがあるかもしれません。なので、それじゃいっそここでもう練習しちゃおうということに。Kenta には教官役になってもらい、Motor Home の路上訓練を開始します。

そしてこれが恐怖の Death Drive の幕開けとなったのです。。 

僕は、恐怖で一睡もできませんでした。((((;゚Д゚)))))))
まず初の右車線走行、左ハンドル。直線でフラつき、ほとんど車は2車線をまたぐというあり様。笑
常にフラついているので、車線はみ出し注意の警告線にタイヤがのりビービービービー鳴っています。また山越えでカーブが多く、トラックもかなりの台数が走っていました。
にもかかわらず、Toma は逆に気持ち良くなってきたのか居眠りをするという離れ業を繰り出したのです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722015000j:plain

Mika ちゃんと Ashida は自分たちが死にかけているのも知らず、ベッドの上で気持ち良さそうに寝ていました。

しかしながら、助手席の鬼教官のお陰でなんとか運転も上達し、ついにKentaとバトンタッチです。Toma は神経をすり減らしたのか、顔面蒼白のまま就寝。これで僕も安心して眠ることができました。

2時間くらいは寝ていたのか、もうすぐ着くとの事。ここでまた運転を交代します。
目の前には眩いくらいの光が溢れ、砂漠のオアシス Las Vegas が近づいてきています。写真はブレブレですが Vegas の町を映したものです。笑

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722015001j:plain

市内に入り車も増えてきました。初めて見た時感じたのですが、異世界、異空間という言葉がぴったりな町だと思いました。フリーウェイからは有名なホテルも見る事ができ、ピラミッド型のホテルの先端からは光のビームが夜空を縦横無尽に照らし続けています。

と、感動している間に今日の宿 OASIS LAS VEGAS RV RESORT に到着しました。

時刻は深夜0時過ぎ。

とても綺麗なRVパークで、生活の為の設備が充実し過ぎている豪華なRVパークです。そして急ピッチで車の中を広くさせ(車体の一部が外にスライドする)、ベッドを作ります。

それから、女の子たちは飛行機に乗ってからというもの一度もシャワーを浴びてなかったのでシャワー室に直行です。僕ら男どもも直行です。

その結果、一斉にシャワーを浴びたせいでお湯が出なくなるという現象が起きました。笑
そんなハプニングも乗り越え、長い1日がようやく終わります。

もう後は寝るだけです。時刻は2時過ぎ。明日は早朝からビッグイベントが待っているため6時30分には起きなければなりません。

不安とドキドキを抱えながら、僕たちは泥のように眠りました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170722015002j:plain

次回のブログは?

次回のブログは、5人、鳥になる。です。お楽しみに! 

 

rvdetrip.hatenablog.com

神秘の空間、ANTELOPE CANYON。【キャンピングカーでアメリカ1周(横断×2)旅行】

スリルドライブ..!!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023724j:plain

何も無い、ただ赤茶色の大地だけが広がっている1本道を走ること2時間半。突然小さな町 Page が現れました。到着時刻は12時過ぎ。

ここでは Antelope Canyon を見学する為、ツアーを申し込んでいました。予約していた11時30分からのツアーでは、太陽の光が谷底を照らす神秘的な光景が見られたのですが、やはり間に合いませんでした。
しかしその神秘的な光景は見られませんが、次のツアーに空きがあるとのことだったのでそこに入れてもらう事ができ一安心。

そして時間になり遂に Antelope Canyon へ出発!

ツアー事務所から10人乗りくらいのヘンテコな車に乗せられ、現地へと出発します。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023726j:plain

しかし走り始めてすぐ、たぶんみんなが思ったと思います。

スピードの出し過ぎだと。

シートベルトもあるのか無いのか分からないようなちゃちい物で、あとは足で踏ん張るのみ。気を抜いたら車から放り出されそうな勢いです。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023727j:plain

これをアトラクションと捉えるべきなのか、ただただ運転手がクレイジーなのか。それくらい意味不明な速度で Antelope へ向かっていきます。

神秘の空間、ANTELOPE CANYON

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023728j:plain

やっとこさ着いた頃には、あまりのスリルドライブで正直見学する気も失せていました。笑
ここからは車に乗せられたグループでガイドが1人付き、要所要所で説明が入りながら観光していきます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023729j:plain

少しWikiから抜粋。

アンテロープ・キャニオンは他のスロット・キャニオンと同じく、周囲の砂岩(ここではナバホ砂岩)の侵食によりできた何百年にも及ぶ地層を形成しており、これは主として鉄砲水のほか、風成の侵食によるものである。特にモンスーンの時期に降る雨水はアンテロープ・キャニオンの一部である谷間を流れ、より狭い通路を流れるにつれ水は加速して砂を拾いあげる。その後長い時間をかけて通路が侵食されると、狭い通路は更に広くなり岩の鋭さはより滑らかにされて、岩の「流れる」ような特徴を形作る。こうして独特の岩の通路が、長い時間をかけ完成された。」

だそうです。

おそらくガイドさんもこのような事を言っていたんでしょうが、みんな英語分からないので分かったフリ。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023730j:plain

ずっとこの場所にいるとどこか異世界に来たような感覚に陥ります。渓谷の底を歩いているだけなのですが、自然が手を加える事によってこんな神秘的な形、色、雰囲気になるのかと感心しました。 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023733j:plain

Tomaはあまりの美しさに影分身を使い始めました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023732j:plain

ただ綺麗は綺麗なんですが、この時間帯は少し人が多いです。できるなら誰もいない正午あたりに1人で見て回りたいなと思いました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023731j:plain

そして見学も終え、またあの暴走車にのせられて Page まで戻ります。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023734j:plain

スリルドミノピザ..!!

時刻は15時。みんな朝からまともな物を食べて無く、また Antelope Canyon で歩き回ったので疲労困憊気味です。Ashida にいたってはもはや死にかけです。

でも周りにおいしそうなレストランも見当たらず、ピザハットへ行くことに。

そこで目にしたのは、アメリカサイズのピザ!

デカいです!!

少し腰を抜かしました。そして味も濃い!ここでやっとアメリカ人の体形の謎を解くことができました。しかし、僕的には結構おいしかったので満足です。

みんなは時差ボケと寝不足の胃で少々荷が重かったみたいですが。笑

Toma もこの渋い表情。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20170720023725j:plain

時刻は16時。

みんな少し元気を取り戻し、ここから Horseshoe Bend へ向かいます!!! 

次回のブログは?

次回のブログは、断崖絶壁、蹄の旅。です。お楽しみに!!

rvdetrip.hatenablog.com