RVでTRIP!

RVでTRIP!

アメリカ横断からの横断。アメリカをキャンピングカーで1周した時の旅行備忘録。

5人、鳥になる。 【キャンピングカーでアメリカ1周(横断×2)旅行】

事のいきさつ

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194941j:plain

早朝6時30分起床。かなり眠いです。外に出ても誰も起きてません。

ですが、今日は待ちに待ったスカイダイビングの日!

テンションが上がらないわけがありません!!
ですがスカイダイビングをするにあたってMikaちゃんとは一悶着ありました。
なんせ彼女は高所恐怖症なのです...

しかし、人生で1度は飛んでみたいと思っていた僕はすぐに諦められません。1人の女子が必死で恐怖を訴えるなか、「安心だ」「安全だ」「大丈夫だよ」と、オレオレ詐欺も真っ青なほどの白々しい言葉を投げかけること2週間。Mikaちゃんが折れてくれました。笑 そして、今日があります。

他のみんなはやる気満々でさほど怖がってる様子も無かったのですが、あの時Mikaちゃんの言うことを聞いておけば良かったと皆心から思うことになろうとは、この時はまだ知る由もありませんでした。。

慌ただしい朝

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194942j:plain

のんびりしている時間はありません。みんなを起こし、集合場所(市内)に7時30分の為表の道に出てタクシーを拾う予定です。集合場所には送迎車が来ていて、そこから空港へ向かう予定になっていました。

しかし表の道に出てみてもいっこうにタクシーが捕まりません。集合時刻に遅れれば、何のためらいも無く置いていかれてこのイベントが台無しになってしまいます。
タクシーはそこら中に走っていると勘違いしていた僕のミスです( ˙-˙ )

ですが時刻はもう7時15分をまわっており、RVパークのフロントに頼んでタクシーを呼んでもらおうと思いましたが、到着するまで30分もかかるとの事。
なので結局集合場所まで車で行く事にしました。しかしキャンピングカーです。遅い。
藁をも掴む思いででっかい車を走らせ、一目散にそこを目指しました。

テイクオフ

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194943j:plain

なんと奇跡的にオンタイムで到着し、滑り込みセーフ。ギリギリでした。ほんと慌ただしい朝です。

それから息つく暇もなく、車の中で注意事項などのビデオを見せられ、万が一の事が起きた場合の同意書にサインをしました。この時はみんな結構ビビってましたね。笑

いよいよ空港に到着し、服を着替えたり、ダイブ中にとる姿勢の練習をしたりします。スカイダイビングには「エビ反り」という大事な姿勢があるのですが、練習中メンバーの中で僕だけできずに不安になったのを覚えています。ですが、インストラクターの人がおもしろおかしく教えてくれて、楽しんで最後までやることができました。

そんなこんなでいよいよセスナに乗り込みます..!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194944j:plain

この時はまだ余裕の表情。インストラクターさんたちと笑顔で記念写真を撮っています。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194945j:plain

このスカイダイビング一番の犠牲者、Ashidaもまだ楽しそう。。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194946j:plain

そして遂に飛行機が大空に向かって飛びたちました!

5人、鳥になる。

もう後には引けません。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194947j:plain

メンバーを見渡してみて驚いたのですが、Ashidaがドアの横に座っています。そうです、トップバッターです。もう心の底から同情しました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194948j:plain

ですが数分後にはこのテンション。彼女は本当に肝が座っています。

その頃高所恐怖症のMikaちゃんはというと、、

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194950j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194949j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194952j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194953j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122194951j:plain

完全に自分を見失っていました...( ˙-˙ ) 

 

f:id:mayonakano-hitoriuta:20171122215249j:plain

セスナはぐんぐん高度を上げ、ついに飛び降り地点の4,500mに達しました。
目に飛び込んでくるのは果てしなく広がる地平線。下を見ると建物が米粒並に小さく見えます。この頃には、たぶん皆血の気が引いていたと思います。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206184421j:plain

そしてドアが開かれ一気に風が機内に流れ込んできます。 Ashida は機体に腰をかける形で座らされ、体はほとんど外に出ていました。
彼女はキャーキャーと喚いてはいましたがどこか楽しんでいるようにも見え、根性あるな〜と思っていると、心の準備もできないままインストラクターが飛び出し一瞬で落下していきました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206184423j:plain

うわ!!と思っているのもつかの間、今度はTomaが落ちていきました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206184422j:plain

自分の番がやってきました。機体に腰をかけ、すごい風が襲ってきます。インストラクターさんが緊張をほぐす為になんか言ってくれてますが、英語なのでほとんど分かりません。笑

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200626j:plain

しかしこの時にはビビりすぎたのか自然と恐怖も無くなりました。
足下を見ると遥か下に地面が見えます。
そして頭をがっちり固定され、いざ大空へ。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200627j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200632j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200633j:plain

強烈な浮遊感に頭が真っ白になっているこの時
カメラは捉えていました
Kenta の絶望的な顔を...

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200628j:plain

Kenta を尻目に僕はすごい勢いで落下していきます!
強烈な浮遊感が数十秒続き、その間息をするのも忘れるくらい放心状態で落ちていきます。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200635j:plain

なんてこった!と思った時には浮遊感も無くなり楽しさに変わりました。周りを見渡せば地平線、遠くには湖も見えます。そこから数十秒間とても楽しかったのを覚えています。 

みんなはというと...

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200634j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200631j:plain

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200629j:plain

めちゃくちゃ楽しんでました!
ですが Mika ちゃんだけは...

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200630j:plain

失神寸前だったようです...
顔は女の子なので一応。

ですがパラシュートが開く頃には

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200636j:plain

だいぶ慣れたのか楽しそうでした!

そんなこんなで数分空をゆらゆら漂いながら、いよいよ着陸です。
インストラクターさんが真剣に風を読みながら小刻みに舵をきっているのが伝わってきて、逆に怖い。そしてなかなかのスピードで地面に向かっていると思ったら、すれすれで少し上昇し着陸です。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200637j:plain

5人、人に戻る。

なんとか無事に終えることができました。
Kentaは軽度ですが肺気胸を患っているので、それを忘れてやってしまったがために落下中息ができなかったらしく、顔面真っ青になっていました。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200638j:plain

Mikaちゃんも意を決して飛んでくれ感謝感謝です。

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200639j:plain

今回初めてスカイダイビングをやってみた感想ですが、Mikaちゃん以外全員一致でもう1回やりたいとの事でした。
スカイダイビングには人を魅了する何かがあるのでしょうか。人生観まではいきませんが、何かが変わるような気もします。それくらい衝撃がありました。Las Vegas に行く際は、こういったアクティビティもおもしろいですよ!

そういえば、パラシュートが開いてから Ashida のペアだけグルグル回転しながらもうスピードで落下していくという珍事がありました..! 後々話を聞いてみるとただの遊びらしく、遊び心のあるドSのインストラクターさんにあたると寿命が縮むので注意したほうがいいとのことです!

f:id:mayonakano-hitoriuta:20180206200640j:plain

次回のブログは?

次回のブログは、夢の町、LAS VEGAS。です。お楽しみに!

rvdetrip.hatenablog.com